パパイン酵素

  • 高機能入浴剤
  • 個性派入浴剤
  • OEM生産実績
HOME > 当社のOEM > パパイン酵素とは
パパイン酵素とは?

パパイン酵素について詳しく知りながら
酵素入り入浴剤を作ってみませんか?

オリジナルで入浴剤を作りたいとお考えなら、「酵素入浴剤」はいかがでしょうか?酵素入浴剤の中でも、特に「パパイン酵素」を配合した酵素入浴剤がおすすめ!そこで今回は、パパイン酵素のあれこれや、パパイン酵素入りの入浴剤の効能・効果、酵素入浴のメリットについて詳しく解説します。

パパイン酵素の効果、パパイン酵素入り入浴剤の
効能について詳しく解説します!

aboutそもそも酵素とは?

「酵素」と聞くとどのようなものをイメージしますか?味噌や納豆、チーズなどの発酵食品や酵素サプリメントなど健康食品に含まれていたり、襟や袖口のタンパク質汚れを落とすために洗剤に使われていたり、酵素は生活に身近なあらゆる場面で活躍しています。酵素入浴をすると、美容や健康にどのような効果があるのでしょうか?

まずは酵素とはどのようなものか、入浴剤に使われる酵素について詳しく解説していきます。

酵素の分類

酵素とは、すべての生物の中にあるたんぱく質の一種です。

酵素は、もともと体内に存在する物質です。食べ物を分解してエネルギーに変える働きをする「消化酵素」、細胞の再生や治癒力、免疫力を高める働きをする「代謝酵素」、基本的に自然界に存在し、食べ物を摂取することで取り込まれる「食物酵素」の3種類に大きく分けられます。人間の身体には約5,000種類の体内酵素があるといわれていて、それぞれが食べ物の消化や吸収、分解など別々の役割を果たしています。

酵素入りの入浴剤は、皮膚に過度な負担を与えずに、古いタンパク質や脂質を分解して洗浄を助ける効果を発揮します。その優れた効果から、「酵素入り」の入浴剤を作りたいというご要望をいただくことも多くございます。

入浴剤にはどんな酵素が入っているの?

さまざまな働きの酵素がある中で、優れモノの酵素の代表例として次の酵素をご紹介します。いずれも、入浴剤・スキンケア商品に使用を認められた、確かな効果を持つ酵素ばかりです。

入浴剤に含まれる酵素の種類
種類 主な酵素 酵素の特徴
タンパク質分解酵素 パパイン ・パパイヤやパイナップルから抽出できる酵素
・老化角質を自然に除去し、肌のくすみを改善する
・ターンオーバーサイクルを整え、柔らかい肌へと導く
脂肪分解酵素 パンクレアチン ・動物の膵臓で作られる酵素
・毛穴に詰まった過酸化脂質を除去し、角栓を取り除く
・背中や胸元にできるニキビの改善にもアプローチできる酵素

Effectパパイン酵素とは?パパイン酵素の効果

当社では酵素の中でも特に「パパイン酵素」をおすすめしています!ここでは、「パパイン酵素」についてよく詳しく解説していきます。

パパイン酵素とは?

果物のパパイヤから抽出された酵素です。別名「タンパク質分解酵素」といわれ、特に青くて若い身に多く含まれます。青い実に傷をつけてあふれてくる乳液を乾燥して生成した白い粉末が日本生化学の入浴剤に配合されているパパインです。

一般的な酵素は熱に弱いので、お湯の中では上手く作用しなかったり、本来の働きをしなくなってしまったりする酵素がほとんどです。しかし、パパイン酵素は熱に強く、高温でも充分に働く酵素です。お風呂のように温かいお湯の中でもしっかり作用し、美肌向けの商品の原料として活用されています。また医療分野の有効成分としても注目されています。

パパイン酵素の能力

OEMのご相談・お電話でのお問い合わせ

老化角質の解体が得意

洗顔料や入浴剤に配合すると身体の老化角質、いわゆる垢を優しく分解してくれます。また汗腺にたまった老廃物(脂肪)や匂いの元を分解します。肌を美しく守るためにも、優れた能力があるといえます。

酵素の王様?青パパイヤ

パパイヤに含まれている「パパイン酵素」は医薬品として指定されており、医療の現場でも使用されています。青パパイヤには、他にもキモパパインやカルパイン(タンパク質分解酵素)等の酵素も豊富に含まれています。熟す前の青パパイヤは、栄養価が豊富に備わっています。パパイヤを1日200g食べると解毒効果が期待でき、その作用は3日近く継続するほどです。

パパイン酵素の実験あれこれ

ゼリーを酵素につけると

ゼリーを酵素水につけてみると…
ゼラチンで作ったゼリーをお皿にのせて、パパイン酵素水に浸してみます。ゼリーはゆっくり解け始め、数時間経つと液状になり消えてしまいました。酵素の力でタンパク質が分解された証拠です。寒天などタンパク質ではない材料で作ったゼリーではこのような効果は現れません。

酵素が卵白を分解!

酵素が卵白を分解!
左はさら湯、右は酵素入浴剤入りのお湯。それぞれに卵白を入れて攪拌してみると、左は卵白が固まり筒状になり、右は分解され、無くなってしまいました。酵素入浴剤で皮脂や古い角質を取り除けるのは、こんな作用が働くからなのです。

塩素を除去、良質なお湯に

塩素を除去、良質なお湯に
左は水道水、右は酵素入り入浴剤投入後。残留塩素0.28ppmの値が0ppmに変化しました。塩素は肌や髪に刺激を与えやすい物質です。一番風呂がピリピリと感じるのは塩素の刺激が原因。パパイン酵素を配合した入浴剤は、そんな塩素を除去し湯質を柔らかくする力を持っています。

Effectパパイン酵素入浴剤の効能

パパイン酵素入浴剤とは、パパイン酵素の入った入浴剤のことです。

日本生化学は、健康増進が中心だった入浴剤に、古い角質や肌の汚れの洗浄を目的としてパパイン酵素を配合。酵素入浴剤を確立し、約50年、酵素風呂の研究を繰り返してきました。パパイン酵素入りの入浴剤にはどのような効能があるのか、当社の商品を用いながら、パパイン酵素入浴剤の効能について説明します。

「まさつレス」な洗い方が叶うパパイン酵素

皮膚はタンパク質で作られています。皮膚は、細胞が古くなると老化角質、いわゆる垢となって自然にはがれ、新しい皮膚細胞に代わるターンオーバーという現象が起こります。しかし、年齢や紫外線、ストレスなどのさまざまな要因から、ターンオーバーが乱れ、老化角質が肌にたまってしまいます。そのような肌は乾燥しやすく、皮脂の過剰な分泌で肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

酵素入り入浴剤は、配合されているパパイン酵素が肌の表面や毛穴、汗腺に詰まった老化角質(タンパク質)や、体臭の原因となる脂質を優しく分解するので、軽くこするだけでお肌がツルツルになり、皮膚を清潔にします。入浴によって新陳代謝が活発になれば、痩身効果も期待できるでしょう。

この他、酵素の力で肌を清潔にできるので、タオルやボディブラシでゴシゴシと擦らずとも、身体を洗うことが可能です。肌への摩擦を避け、少ない力でしっかりと身体を洗いたい方は、パパイン酵素の入浴剤がおすすめです。なで洗いで皮膚の汚れを落とすサポートができる成分なので、「まさつレス」な洗い方を好むターゲットに向けて訴求できるのが、「パパイン酵素配合の入浴剤」です。

ロングセラー『ガールセン』の秘密

塩素を除去、良質なお湯に ガールセン 癒しの湯〈薬用入浴剤〉
|入浴剤と化粧品のOEM 日本生化学株式会社

『ガールセン 癒しの湯』は、創業から販売し続けている当社の看板商品で、おかげさまで25年ものロングラン商品です。当社の歴史とともに歩んだこの入浴剤が、現在の酵素入り入浴剤のさきがけとなりました。

癒し効果の高いライトグリーンのお湯、そして心身に活力を与えるバラの香りが、たくさんのお客様からのご支持をいただいております。パッケージ画像には世界遺産のトルコ・パムッカレ温泉の美しい風景を使用しました。かつて入浴剤に抵抗を感じていたお客様が、「嫌味のない色と香りで毎日使える」とご愛用いただいて以来のロングラン。現在も入浴剤に抵抗を感じる年代層に支持されています。10年以上のリピーターからの口コミで、「熟年の加齢臭から解放された」「敏感肌の子供の入浴には欠かせない」「乾燥肌の悩みが解決された」などのお声を多数いただいております。

また、ガールセンは薬用入浴剤(医薬部外品)です。効能効果の認められた有効成分を3種類(硫酸ナトリウム・炭酸水素ナトリウム・塩化ナトリウム)配合し、またお肌の古い角質洗浄を助けるパパイン酵素もプラスした開発当時から今でもアプローチ性の高い薬用入浴剤です。

浴用化粧品とは違い、時間をかけて厚労省に製造申請・審査~認可を取得し、日々の製造も仕込みの都度、3種の有効成分の定量試験を行っています。このような厳しい試験に合格したものだけが製品化され、お客様のお手元へ届けられているのです。

Makeオリジナルのパパイン酵素入浴剤を作るには

オリジナルのパパイン酵素入浴剤を作るには

体臭・加齢臭で悩んでいる

敏感肌で悩んでいる

乾燥肌で悩んでいる

摩擦しない「なで洗い」を好んでいる

上記のような方をターゲットとして入浴剤を作ろうかとご検討の場合は、パパイン酵素入りの入浴剤がおすすめです。
パパイン酵素にプラスしてコラーゲンやヒアルロン酸など他のスキンケア成分を含有させることももちろん可能です。

当社は店頭、ネット、テレビショッピングなどさまざまな販売チャネルから息の長いロングセラー商品まで、多種多様なアイテムを世に送り出してきた実績がありますので、パパイン酵素入り入浴剤のOEMについて、話を聞いてみたい方はお気軽にお問い合わせください。

以下のページでは、入浴の企画やデザインの様子、研究開発の方法などを詳しく紹介しています。

日本生化学「企画・デザイン」のページはこちら!

日本生化学「研究・開発」のページはこちら!

日本生化学は、お客様のご要望に沿ったパパイン酵素入浴剤を製作します。「企業で入浴剤を開発できる環境がない!」「オリジナルのパパイン酵素入浴剤を作りたい!」という方は、ぜひ当社にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
メールでのお問い合わせ