成分にこだわった入浴剤OEM事例

  • 高機能入浴剤
  • 個性派入浴剤
  • OEM生産実績
HOME > 当社の強み > 成分にこだわった入浴剤OEM事例
成分にこだわった入浴剤OEM事例

日本生化学のOEMについて詳しく知り、
成分にこだわったオリジナルの入浴剤を作ってみませんか?

香りや成分など、入浴剤を選ぶ上で消費者が重視するポイントは数多くあります。

ひと口に「入浴剤の成分」といっても、その種類は無数に存在することをご存じでしょうか。例えば、温泉成分をベースに、肌をキレイにする酵素、保湿成分、エモリエント成分、美容成分など、入浴剤ごとに含有される成分やその効果は大きく異なります。消費者のニーズに合わせて、含有させる成分を変えられるのは、入浴剤OEMにおける大きなメリットです。

また、入浴剤の製造や販売を検討される方の中には「この成分を入浴剤に入れたい」「オリジナルの原料を配合したい」とお考えの方も少なくありません。オリジナル原料を使った入浴剤は、他社の入浴剤と差別化をはかりやすく、消費者に対して訴求しやすい商品を作ることができます。今回は、成分にこだわった入浴剤OEM事例をはじめ、入浴剤OEMの流れについてご紹介します。

成分にこだわった入浴剤OEM事例や、
入浴剤OEMの流れについてご紹介!

Case成分にこだわった入浴剤OEMの事例

OEMは「Original Equipment Manufacturing」の略で、他社のブランドを使って委託という形で商品を製造することを意味しています。当社でのOEM取り組み事例として「香りにこだわった入浴剤OEM事例」や「温泉・温浴施設との取り組み」などもございますが、ここでは、「成分にこだわった入浴剤OEMの事例」をご紹介いたします。成分にこだわって入浴剤を作りたいとお考えのお客様は、「オリジナルのこの原料で入浴剤を作りたい」「どうしてもこの成分を入れたい」という「こだわり」がしっかりあるお客様ばかりです。

オリジナル原料の入浴剤ならば、他社商品と差別化できてオリジナル性が高まりますし、原料にストーリー性があるとさらに消費者へ思いを伝えやすい商品になります。オリジナル原料や成分にこだわると、必然的に原料は持ち込みとなることが多いのですが、以下で紹介する3商品もいずれもお客様からの支給原料を使った入浴剤です。入浴剤のOEMを検討されている方は、ぜひご参照ください。

SALCLAY

SALCLAY01 SALCLAY02

SALCLAYは、鉱山の採掘や鉱石の加工を手掛ける「株式会社勝光山鉱業所」が販売するバスソルトです。「自社のクレイ(泥)を入れた入浴剤を作りたい」というご要望により、泥パックとしても使える画期的な入浴剤を開発しました。クレイの豊富なミネラル成分が、古い角質と汚れを除去し、すべすべ肌に導きます。浴槽に入れて入浴剤として使用できるだけでなく、洗面器を使って、あえて濃く作り「泥パック」として肌に塗ってもOKな商品となっています。

防腐剤や香料、着色料を使わない肌への優しさを追求した自然派バスソルトなので、ナチュラル志向の方にもおすすめです。SALCLAYの主成分である天然のヒマラヤ岩塩は、ミネラルが豊富でクレイとの相性がよく、まろやかな湯触りが疲れたカラダをつつみこみます。このSALCLAYは、オンライン通販のみの取扱いですが、その高い効果から消費者からの評価にも定評があります。

肌の美容や洗浄効果に加え、入浴剤の成分にダイエット効果を期待する方にもおすすめの入浴剤です。パッケージは1回分ずつ個包装されているので、気分に合わせて入浴剤を使い分けたい方にもオススメ。ちょっとしたプレゼントやギフトとしても喜ばれますよ。

cadeau de mer(キャドゥ デ メール)

cadeau de mer01 cadeau de mer02

フランス語で「海の贈り物」を意味するcadeau de merは、マグネシウムの成分や効果にこだわりを持つブランドです。マグネシウムは、骨の形成や血液循環に欠かせない成分ですが、サプリメントをはじめ入浴剤の主成分としても高い人気があります。

cadeau de merブランドのバスパウダーには、海水から抽出した「トリプル有機酸マグネシウム」という成分が使われています。この「トリプル有機酸マグネシウム」は、クライアントであるタテホ化学工業株式会社様の独自成分です。クエン酸とリンゴ酸、水酸化マグネシウムの3種から構成されたマグネシウムは、通常の3倍以上のイオン化率が最大の特徴です。バスパウダーが湯船に素早く溶けて、透明感のあるきめ細やかな肌に整えます。

さらに、入浴剤に含まれる泥成分やコラーゲンが、肌の洗浄や保湿をサポート。10年以上の歳月をかけて研究開発されたトリプル有機酸マグネシウムを主成分に、高い機能性を持つバスパウダーが完成しました。cadeau de merにおける「トリプル有機酸マグネシウム」のように、企業独自の成分を使って入浴剤を開発できるのも、OEMの魅力です。ちなみに同ブランドはバスパウダーをはじめ、トリプル有機酸マグネシウムをふんだんに使用した歯磨き粉や、マッサージクリームなどを販売しています。

三豊鶴(みとよつる)のにごり湯

三豊鶴(みとよつる)のにごり湯

香川県三豊市にある「三豊鶴」は、明治10年(1877年)に創業した歴史ある酒蔵です。2005年の廃業に伴い、酒蔵をイメージした観光客向けのゲストハウスとして生まれ変わりました。酒米を蒸す大釜を浴槽として再利用したり、職人の休憩スペースに寝泊まりできたり、酒蔵の雰囲気を再現した古風なゲストハウスとして観光客から人気を博しています。

この酒蔵をイメージしたお土産として、当社は「日本酒の成分を配合した入浴剤」を開発しました。乾燥パウダー化した酒粕を入浴剤に配合し、日本酒の甘い香りとトロリとした肌触りを再現。お酒好きの方にぴったりな、オリジナリティ溢れる入浴剤です。酒粕を混ぜた湯は美容効果が期待できるので、女性の方にも嬉しい入浴剤ですね。

日本酒を再現した入浴剤なので、デザインも日本酒に関わりの深い「酒樽」をイメージしたユニークなパッケージを採用。優れた効果とユニークなデザインの酒粕入浴剤は、地域の新しいお土産品として観光客から高い支持を集めています。

上記のように、オリジナルの原料を使用した入浴剤は、他企業や他店舗と差別化できて独自性が高まりますし、オリジナル原料の開発秘話や、なぜこの成分を使った入浴剤を作ったかというストーリーも含めて、消費者へのアピールポイントになるため売りやすい商品になりますよ。成分やオリジナルの原料だけでなく「これをイメージした入浴剤を作りたい!」という「こだわり」を持つ方は、入浴剤OEMを検討してみてはいかがでしょうか。

この他、当社のOEM実績については以下のページでもご確認いただけます。地域や企業・施設の特徴を活かしたオリジナルの入浴剤・入浴料を製造したい企業担当者の方は、ぜひご参照ください。

日本生化学の
「OEM生産実績」のページはこちら!

Flow入浴剤OEMの流れ

OEM入浴剤の企画・製造において、以下の5つが当社の大きな強みです。

日本生化学の強み

単にお客様のニーズに応えるものを作るだけでなく、「実際に使用する消費者にどう感じてもらえるか」を意識して商品開発を行っています。入浴剤のOEMが初めてのお客様も、他社でOEM経験があるお客様も、安心して当社に商品開発をお任せください。

OEMでは、お客様との打ち合わせや企画会議、テストモニタリングを経て試作品の製造を行います。「〇〇を入れて入浴剤を作りたい」「こんなイメージの入浴剤を作りたい」という具体的なご要望がある場合は、ご要望をしっかり叶えつつ、もっとこうすればさらに良くなりますよ、というご提案もさせていただきます。

入浴剤を作りたいと思っているけれど、どんなものにしたらいいか、この施設ならではの売りになりそうなものが思い浮かばない…といった具体的なイメージが固まっていない場合でも、当社より過去の経験を踏まえて様々ご提案可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

入浴剤のデザインやパッケージに関しても当社にお任せください。商品のデザインやパッケージは、手に取る人たちにとって、購入するかどうかの大きな判断基準です。試作開発が完了した後は、パッケージのデザインを行います。デザイン企画スタッフが、パッケージを見ただけで購買意欲がわくようなデザインをご提案いたします。

晴れて試作品が完成した後は、当社が入浴剤の薬事申請を担い、工場生産がスタートする仕組みです。製造した入浴剤の販売やPRに関しても、当社がサポート。さまざまなPR戦略や企画ノウハウをご提案いたします。より詳しいフローについては以下のページをご参照ください。初回製造のスケジュールをはじめ、打ち合わせから販売までのフローをわかりやすく解説します。

~日生劇場~
OEM商品ができるまで

Cautionaryオリジナル原料の入浴剤を作る際の注意点

注意点として、「どんな原料でも入浴剤が製造できる」とは限りません。入浴剤を開発する際は、使用する原料が「化粧品に適合できるかどうか(入浴剤に使用できるかどうか)」を確認する必要があります。この原料を入れてオリジナルの入浴剤を作りたい、と思っていても、その原料が化粧品に適合できず、入浴剤に使用できない場合には、そもそも商品を製造することができません。

そのため、入浴剤にオリジナル原料を配合したい場合、下記の資料・データをご用意いただければと思います。

  • 化粧品表示名称資料
  • 規格書
  • 試験成績書
  • SDS(安全性データシート)

なお、ご支給の原料が社外秘となっている場合は、まずは差し支えのない範囲でご提出いただき、配合可能か否かを簡易に確認いたします(秘密保持契約が必要の場合はお申し付けください)。お手持ちの資料が上記のどれに該当するかわからない場合は、担当者までご相談ください。浴用化粧料への配合実績があり、書類から原料の安全性が確認できれば、入浴剤の製造をスムーズにすすめられますよ。

Recommend成分にこだわった入浴剤のOEMなら日本生化学へ

今回は、成分にこだわった入浴剤OEM事例について詳しく紹介しました。独自原料を入浴剤に使用したい場合は、オリジナル性やストーリー性がアピールポイントになる代わりに、自社にて原料のデータを揃える必要があります。データを揃えるところからのゼロベースでのご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

ちょっとしたプレゼントから企業のノベルティグッズに至るまで、手軽に使用できる入浴剤は人気の高いアイテムです。一方、「身体の疲れを取りたい」「ダイエットを促進させたい」など、入浴剤に求める効果は消費者によって異なります。そのため、お客様によって入浴剤の製造で重視するポイントも大きく変化します。当社では、そんなお客様の思いをくみ取り、オリジナルの入浴剤を作成します。ショップの新しい看板商品や企業の周年記念ノベルティ、既存商品のシリーズ展開として入浴剤を作ってみてはいかがでしょうか。

高い品質の製品を製造するため、当社のOEMは国内の自社工場で行います。品質の良さとコスト面に優れる自社工場の製造は人気も高く、当社では2022年新たな工場が稼働し、さらに生産体制が整いました 。当社が持つ自社工場をはじめ、OEMを依頼するメリットについては、別ページでも詳しく紹介していますので、以下のバナーをご参照ください 。

ブランドの想いをカタチに!
日本生化学の自社工場のページはこちら!

機能性入浴剤のパイオニア!
日本生化学の強みとは?

メールでのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
メールでのお問い合わせ