酵素洗顔とは?

  • 高機能入浴剤
  • 個性派入浴剤
  • OEM生産実績
HOME > 当社の強み > 洗顔パウダーとは
酵素洗顔とは?

酵素洗顔について詳しく知りながら
オリジナルの酵素洗顔パウダーを作ってみませんか?

生物が備えるタンパク質の一種こと「酵素」は、その優れた効果からサプリメントや洗剤など日常生活においてさまざまな用途に使用されています。この酵素は洗顔料に含まれることも多く、「酵素洗顔」というフレーズを耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。しかし、酵素洗顔の具体的な効果などについては、きちんと理解できていないという人も少なくありません。

そこで今回は、酵素がどのようにして肌の汚れへアプローチするのか、そして酵素がもたらすスキンケア効果など、製品作りのアピールポイントとなる特徴をご紹介します。
さらに、酵素洗顔パウダーのOEMを考えている方のために、日本生化学のOEMについても詳しくご紹介。日本生化学でOEM製造する際の流れなども併せて解説していきます。

酵素洗顔とは?酵素洗顔の成分や効果、
酵素洗顔パウダーの使い方や種類について解説!

About酵素洗顔とは?

酵素洗顔とは、酵素の力によって肌の汚れを浮かせ、落とす効果が期待できる洗顔のことです。いつもの洗顔では落ちにくい汚れも落としやすくなり、特に古い角質除去と毛穴やくすみ対策に大きな効果が期待できます。酵素洗顔は、肌に関して次のような点が気になる方に高い関心をもたれています。

  • 角栓がつまって毛穴の開きが気になる
  • 小鼻の黒ずみが気になる
  • 古い角質でくすみやザラつきが気になる
  • 化粧水や美容液のなじみが悪い、浸透しない
  • ニキビや吹き出物など過剰な皮脂で起こる肌トラブルに悩んでいる
鏡を見ている女性の画像

酵素洗顔のメカニズムは、酵素で角栓と古い角質を分解し、毛穴詰まり、くすみ、ザラつきの原因をしっかり取り除くというものです。取り除いた後は、化粧水や美容成分が肌に届きやすくなり、美肌効果が高まるとされています。こうした作用から酵素洗顔を継続することで、毛穴の目立たない透明肌を目指せるといわれているのです。

先に挙げたお肌のトラブルは、美意識の高い方であれば、男女や年齢を問わず頭を抱えてしまうものばかりです。これらの解決に期待できる酵素洗顔料は、「老若男女に支持されやすい商品」といえるでしょう。

酵素洗顔料の主流はパウダータイプ

現在の酵素洗顔料は、粉状の「パウダータイプ」とペースト状の「フォームタイプ」がありますが、主流なのはパウダータイプです。その理由は、酵素がもつ特性にあります。

酵素は水に濡れた瞬間から分解効果が徐々に落ちてしまうため、持続力が弱いといわれています。パウダータイプなら水に溶けやすいので、使うときは水と反応して活性化させてすぐに使うことができます。酵素洗顔で汚れを取り去る効果を求めるならば、パウダータイプを選ぶのがおすすめです。酵素の力をフルに活用したい方であれば、もともと水分が含まれているフォームタイプよりも、パウダータイプのほうが効果を実感しやすいでしょう。

中には「粉でしっかり泡立つの?」と疑問に感じる方もいますが、パウダーを水に馴染ませていくことで液状の洗顔料と同じように泡立てられます。水分量を自在に調節できるからこそ作れる、濃密な泡が特徴です。きめ細かい濃密な泡で皮脂や角質をしっかり除去し、健康な素肌・ツヤ肌に近づくことが期待できます。一方のフォームタイプは、粉が飛び散る心配がない分、パウダータイプよりも使いやすさの点で秀でています。酵素洗顔料の開発を検討する際は、それぞれの特徴の違いを把握しておくことをおすすめします。

手を洗っている画像

Effect酵素洗顔の成分と効果

酵素は、普段の食事やサプリメントなどでもよく耳にする言葉ですよね。一般的な酵素にはタンパク質や脂肪を分解する働きがあり、骨や筋肉を作ったり、動かしたりするときにも活躍する成分です。

酵素の中でも、洗顔に使われる酵素は限られています。角質などの成分を分解する「タンパク質分解酵素」と「脂肪分解酵素」です。こうした働きをもつ酵素の成分が、毛穴に詰まった古い角質や汚れ、余分な皮脂を分解して毛穴をきれいな状態にしてくれるのです。

洗顔に使われる酵素の種類

酵素洗顔で使用される「タンパク質分解酵素」と「脂肪分解酵素」ですが、さらに細かく分かれた以下4種類の酵素が使われています。この4つは特徴や性質が微妙に違いますので、それぞれの違いをチェックしてみましょう。

洗顔に使われる主な酵素の種類
種類 名前 酵素の特徴
タンパク質分解酵素 パパイン ・未成熟の青いパパイヤから抽出される食物酵素
・身体の垢や毛穴にたまった老廃物を分解する
・ターンオーバーサイクルを整え、柔らかい肌へと導く
ブロメライン ・主にパイナップルから抽出できる酵素
・酵素の中でもタンパク質の分解力が非常に強いのが特徴
・肌のくすみやごわつきが特に気になる方に向いている
脂肪分解酵素 リパーゼ ・動物の膵臓で作られる酵素
・毛穴に詰まった過酸化脂質を除去する
・ニキビの改善にもアプローチできる酵素
パンクレアチン ・動物の膵臓で作られる酵素
・毛穴に詰まった過酸化脂質を除去する
・ニキビの改善にもアプローチできる酵素

パパイン酵素

パパイン酵素は、未成熟の青いパパイヤから抽出される植物プロテアーゼです。洗顔料をはじめ入浴剤にも使用されることが多く、身体の垢(古い角質)や毛穴にたまった老廃物(脂肪)も分解します。パパイヤに含まれている「パパイン酵素」はその高い効果から医薬品として指定されており、医療の現場でも使用されているほどです。このパパイン酵素については別コラムでも解説をしているので、詳しく知りたい方は以下のページをご参照ください。

パパイン酵素について|入浴剤と化粧品のOEM 日本生化学株式会社

ブロメライン

ブロメラインはパイナップルに含まれる植物プロテアーゼで、タンパク質の分解力が非常に強いという特徴をもちます。パイナップルを食べると舌が痺れることがありますが、このブロメラインが原因です。この酵素を洗顔料に含ませると大きな効果が期待できますが、刺激も強く感じやすいので敏感な肌は注意が必要です。洗顔という用途において、ブロメラインは使う人を選びやすい分、酵素の中ではあまりおすすめできません。

リパーゼ

リパーゼは、動物の膵臓で作られる酵素で、主に脂肪を分解する働きをもちます。タンパク質を分解する効果はないものの、毛穴や肌の上にたまった過酸化脂質(黒ずんだ脂)を取り除く効果が期待できます。なお、洗顔料に使われるリパーゼは、主にバイオ生成のものです。

パンクレアチン

パンクレアチンは、動物の膵臓で作られる酵素で、主に脂肪を分解する働きをもちます。タンパク質を分解する効果はないものの、毛穴や肌の上にたまった過酸化脂質(黒ずんだ脂)を取り除く効果が期待できます。パパイン酵素と同じく入浴剤に使用されることも多く、背中や胸元にできるニキビの改善にもアプローチできる酵素です。

洗顔料に用いる酵素の選び方としては、「改善したいお肌の悩み」で選ぶと良いでしょう。例えば、角栓やニキビ、くすみ、ごわつきのケアを目的とするなら、「タンパク質分解酵素」を配合した商品がおすすめです。肌にとどまる古い角質を分解して洗い流しやすくするため、洗い上がりがトーンアップする効果が期待できます。肌に蓄積したタンパク質を分解することで毛穴の汚れを落とし、毛穴詰まりを改善します。

角栓や毛穴の黒ずみ、ニキビや吹き出物には「脂肪分解酵素」を配合するのがおすすめです。これらの肌トラブルは皮脂の多量分泌が原因の1つとして挙げられますが、リパーゼを使用した酵素洗顔料であれば、改善の効果が期待できます。酵素ごとの効果や特徴を把握しておけば、理想とする洗顔料も開発しやすくなるでしょう。

当社では、「パパイン酵素」(タンパク質分解酵素)に、バイオ生成された脂質分解酵素「リパーゼ」をあわせて使うことをおすすめしています。
ダブル酵素の力で、毛穴の開きや黒ずみにアプローチして、透明感のあるなめらかな肌へ導いてくれる商品になります。

タオルを持っている女性の画像

Point酵素洗顔料は毎日使っても大丈夫?

酵素洗顔の使い方とあわせて、酵素洗顔における注意点についても簡単に触れておきましょう。

顔に手を当てている女性の画像

肌質を考慮して使う

酵素の種類によって、汚れを落とす力は大きく異なります。例えば、ブロメラインは毛穴の黒ずみや角質ケアに効果的な酵素洗顔ですが、頑固な汚れを落とすパワーがある反面、肌に必要なものまで奪ってしまう可能性があるのです。そのため、酵素の種類によっては毎日の使用にあまり適していません。

酵素洗顔を毎日するなら「パパイン酵素」を選ぶ

酵素洗顔料を毎日使いたい場合、洗顔料の酵素は「パパイン酵素」のものを選びましょう。パパインは肌に対する作用が穏やかなので、毎日ご使用いただけます。このパパイン酵素の洗顔料がもつ「肌に優しく作用する」「毎日使用できる」というメリットは、酵素洗顔料を作る上でのPRポイントにもなります。

酵素洗顔料を作る上では、「酵素の選び方で効果が変わる」という点を覚えておきましょう。

Oem洗顔パウダーのOEMも得意

当社は、入浴剤だけでなく、洗顔パウダーのOEMも多く承っております。粉体のOEM製造を得意としているため、洗顔パウダーのOEMについてのご相談をいただくことも多くございます。

保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲンなどを配合した商品なども販売されています。成分によって特徴や効果が異なるため、目的に合った洗顔料を製造する際は、成分別の特徴をしっかり把握しておくことが理想です。

酵素洗顔パウダーの使い方

洗顔パウダーは、泡を作る手間こそかかりますが、その高い洗浄効果から、洗顔料の中でも人気の高い商品となっています。

酵素洗顔パウダーの使い方として、洗顔効果を高める「泡立てネット」を使う方も多いでしょう。その名の通り泡立てネットとは、ふわふわとしたメレンゲ状の泡を簡単に作れる洗顔用のグッズで、ドラッグストアやコスメショップなどで手軽に手に入れることができます。もちろん洗顔パウダーを手で泡立てることも可能ですが、きめ細かさが不十分になってしまうため、「ふんわりとした濃密な泡でしっかり洗顔したい」という方に最適な商品です。

手で泡立てている画像

泡立てネットを揉み込む際は、泡が薄まらないよう途中で水を追加しないのが、上手に泡を作るコツです。

最近では、洗顔パウダーと泡立てネットがセットになって販売されていることが多いですよね。洗顔パウダーのOEMをご検討の場合は、もちろん泡立てネットについても一緒にご提案させていただきます。

Type酵素洗顔パウダーの容器の種類

酵素洗顔パウダーは粉状で扱いに注意が必要なこともあり、商品によっては使い心地や使いやすさの面でさまざまな工夫が見られます。以下では、酵素洗顔パウダーの製造を検討する企業担当者に向けて、酵素洗顔パウダー商品で採用されている容器の種類を解説していきます。

酵素洗顔パウダーの容器の種類
種類 主なメリット
分包タイプ(小分け) ・携帯のしやすさ
・品質が保たれる
・使い切りでストレスなし
ボトルタイプ ・使用者ごとに適量を調節しやすい
・コスパに優れる商品が多い

分包タイプ

市場でも人気を誇る分包タイプは、以下のようなメリットがあります。

  • 携帯がしやすい
  • 品質が保たれる
  • 使い切りでストレスなし

特に「携帯のしやすさ」は、旅行や温泉、温浴施設に行くときに便利というだけでなく、湿気を嫌うパウダー状の製品だからこそ保管がしやすいというメリットにもつながってきます。また「使い切りでストレスなし」なのは文字通り、量を調節せず1回分の適量のパウダーが出てきて使えるため、非常にコンパクトで使いやすいという利点があります。中には見た目がかわいいパッケージや、分包ならではの持ち運びやすさなどもメリットと感じる方もいるでしょう。

分包タイプの画像 分包タイプのパッケージの画像

ボトルタイプ

ボトルタイプは、逆さにして粉を落として1回分の量を出していくタイプになります。先に挙げた分包タイプと違い、自分で好みの量を使いたい方にはおすすめのタイプです。ボトル容器のメリットを以下に挙げます。

  • 使用者ごとに適量を調節しやすい
  • コスパに優れる商品が多い

ボトルから粉が飛び散りやすいデメリットもありますが、小分けされていない分、コスパの良さに優れています。洗顔パウダーだけに限った話ではありませんが、商品の種類や特徴、種類別のメリットなどを把握しておくと、ターゲットを絞ったオリジナル化粧品を作りやすくなります。

では洗顔パウダーを作る上で「どちらの容器がおすすめか」といえば、酵素洗顔料は使用する頻度が少なくなりやすい分、品質を保ちやすい分包タイプが人気です。分包タイプの酵素洗顔は、封を開けるまで湿気を吸わないので鮮度を保ちやすく、いつも品質の高い状態で使用できることがメリットです。使う量を測る必要がないため手軽に使用できるメリットがあり、旅行や出張などの外出時に携帯しやすいのも魅力です。

当社では、分包タイプ・ボトルタイプ、どちらも製造可能ですが、ボトルタイプは現品訴求しかできないこともあり、サンプルとして配ることのできる分包タイプをおすすめしています。

ボトルタイプの画像

Market酵素洗顔商品の市場

肌の汚れを取り去ることで、化粧水や乳液などの美容成分が肌の奥に届きやすくなります。そのため、酵素は肌を洗い上げる用途の製品に使われるのが主流です。一方、化粧品市場で作られている酵素商品は、酵素洗顔料だけに限りません。例えば、肌のケアに用いるパックや化粧水なども、酵素を配合した商品が数多く作られています。

酵素洗顔での洗い上がりによる肌の乾燥を嫌がる方に向けて、保湿成分を配合している商品もあります。製品によっては、「酵素洗顔料でも肌のつっぱり感がない」「つっぱり感が気にならない」という口コミも多く、肌や毛穴の洗浄力と、肌を守る美容成分の両立が求められていることが分かります。

肌を守る保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンC、ホホバ油、ローズヒップオイルなどが使われます。これらの美容成分を配合した酵素洗顔料は、肌をきれいにする洗浄力と肌を守る保湿力の両立が可能です。肌のつっぱり感に配慮した酵素洗顔料は、湿度が下がる冬や乾燥肌の人にもおすすめできます。
洗顔だけでなく、肌に関わるさまざまな商品で、酵素は大きな注目を集めていると言えるでしょう。

Flow酵素洗顔料を製造するまでの流れ

製造するまでの流れ

当社のOEM商品を製造する流れは、上図の通りです。酵素洗顔料を製造する場合、以下のような流れで打ち合わせ・試作品製造が行われます。

  1. 洗浄成分のベースを選ぶ
  2. 酵素を追加する
  3. 毛穴に対応する成分を追加する(海泥&サンゴ)
  4. 訴求成分を選ぶ

1.洗浄成分のベースを選ぶ

酵素洗顔料の洗浄成分には、石鹸とアミノ酸の2種類のベースがあります。石鹸ベースはキメの細かい泡立ちでさっぱりとした洗い上がり、アミノ酸ベースは石鹸に比べると泡立ちは弱いものの、しっとりとした洗い上がりです。商品コンセプトに合わせてどちらかのベースを選ぶことができます。

2.酵素を追加する

選んだベースに対して、酵素洗顔料の要ともいえる酵素を追加します。入浴剤で使用しているパパイン酵素(タンパク質分解酵素)に、バイオ生成された脂質分解酵素リパーゼをあわせて使うのがおすすめです。ダブル酵素の力で、残存メラニンを含んだ古い角質だけでなく、時間の経過とともに黒ずむ皮脂の汚れ(酸化脂)も分解洗浄して透明感のある素肌へ洗い上げます。

パパイン酵素 リパーゼ酵素

3.毛穴に対応する成分を追加する(海泥&サンゴ)

酵素を追加した後は、毛穴に対応する成分を加えます。海泥は、毛穴よりサイズの小さなマイナス電荷を帯びた粒子で、毛穴に潜む汚れをイオンマグネット効果で吸い上げます。サンゴは、10μm以下の微細な空孔を無数にもっているので、海泥が吸い上げた毛穴汚れをその空孔にからみ取り、洗浄成分で包み込んで洗い流します。

汚れを取るまでの流れ

4.訴求成分を選ぶ

最後に、訴求したい成分を選択します。当社では、ナチュラル系やボタニカル系、エイジングケア系、透明肌系、引き締め系など、機能性成分や植物成分を豊富に保有しているので、商品コンセプトにあった成分を選ぶことができます。酵素洗顔料をはじめとした、当社のOEM商品ができるまでの流れは、別ページでも詳しく紹介をしています。

Recommend酵素洗顔料のOEMなら日本生化学に

酵素を配合した洗顔料は、肌に蓄積した汚れを落とし、肌のくすみや毛穴汚れを解消したい大人の肌のスペシャルケアとして需要が確立された商品です。酵素の効果が高く、水に溶けやすいパウダータイプが主に選ばれています。また、酵素配合のスキンケアはその高い肌洗浄効果のおかげで、洗顔の他にも入浴剤として市場ニーズがあります。入浴剤は肌タイプや肌悩みに合わせて酵素と水素、抗酸化成分、美容成分を配合する機能性入浴剤に仕上げることで、全身のスキンケアを求める人にアピールできる製品になります。

酵素入浴剤の製造をOEMする場合には、粉体のOEM技術が高い日本生化学にお任せください。日本生化学は「美と健康とリラクゼーション」をテーマに、身体にも環境にも優しい製品の企画、開発、販売を目指しています。当社の入浴剤は「パパイン酵素配合」を特徴とし、多数のヒット商品が生まれました。

発色や香りに工夫を加えることでコラボレーション・ご当地物の酵素入浴剤を展開することもできます。ブランドや企画に合致したイメージを作りこみ、さまざまな美容成分をピックアップすることで実用性と独自性を両立した酵素製品を開発することもできます。

当社の工場ではお客様がイメージする製品を実現するため、社内のスペシャリストが色や形、機能性などさまざまな角度から商品開発を検討。商品の企画提案、研究開発、資材の選定、調達、デザイン、製造、充填、包装まで、商品が生まれるまでのあらゆる分野に精通した経験豊富なスタッフが、お客様のご要望に沿った酵素洗顔パウダーを開発します。当社の自社工場については以下のページでも詳しく紹介しているので、製造工程や製造ラインを詳しく知りたい方は、ぜひご参照ください。

ブランドの想いをカタチに!日本生化学の自社工場のページはこちら!

今回は、酵素洗顔の基本情報や洗顔料の開発方法について紹介をしました。

「初めてOEMを依頼する」「自社の希望を叶えた酵素洗顔料を作りたい」という企業担当者は、新しい挑戦をサポートできる日本生化学で、酵素洗顔パウダーの商品化を一緒に考えるのはいかがでしょう?メールや電話での相談が可能なので、アイデア段階でもぜひご相談してみてくださいね。
当社の強み・相談フォームについては、日本生化学のオフィシャルサイトにて掲載をしています。

メールでのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
メールでのお問い合わせ