そもそもOEMとは?
依頼方法やメリットをわかりやすく紹介!

  • 高機能入浴剤
  • 個性派入浴剤
  • OEM生産実績
HOME > 当社のOEM > そもそもOEMとは?依頼方法やメリットをわかりやすく紹介!
そもそもOEMとは?依頼方法やメリットをわかりやすく紹介!

OEMについて詳しく知り、
オリジナルのOEM製品を作ってみませんか?

ビジネスを行う中で、「新商品を作りたい」「思いをカタチにしたい」というアイデアが浮かぶこともあるのではないでしょうか。商品製造を手掛ける人以外にも、ふとしたきっかけで「こんな商品があったらいいな」と思う方は多いでしょう。世間を賑わす大ヒット商品やロングセラー商品の中には、このような「ちょっとした発想」から誕生した商品が数多く存在します。

その反面、製造環境やノウハウがなくて、「せっかくのアイデアを形にできない」とお悩みの方もいます。

そんな時に頼りになるのが「OEM(Original Equipment Manufacturing)」と呼ばれる製造方法です。OEMであれば、製造環境やノウハウがない企業でも、手軽にアイデアを商品化することができます。当ページでは、「OEMとはどんなもの?」「自社で入浴剤を作りたい」という企業担当者に向けて、OEMの基本情報やメリット、具体的な依頼方法などを詳しく紹介します。

OEMとはどんなものか、OEMを依頼するメリットや、
どんな企業に依頼すれば良いか解説!

WhatOEM(Original Equipment Manufacturing)とはどんなもの?

OEMとは、商品の生産方法の一種で「メーカーが他社ブランドの商品を製造すること(または製造企業)」を指します。企業をはじめ、個人事業主の方でも利用でき、手軽に「アイデアをカタチにできる」のが最大の特徴です。化粧品業界をはじめ自動車業界や家電業界などOEMが盛んな業界は多く、製造方法としてはポピュラーな存在として認知されています。

当社のOEMは入浴剤をはじめ、クレンジング・化粧水・美容液などのスキンケア用品、シャンプー・リンスといったヘアケア用品など、多彩な商品を開発可能です。OEMであれば、開発のノウハウや生産拠点を持たない企業でも、オリジナルの入浴剤をはじめとしたさまざまな商品を作ることができますよ。

DifferenceOEMはODMやPBとは何が違うの?

このOEMには、ODM(Original Design Manufacturing)やPB(Private Brand)など、類似した製造方法が存在します。混同されることもしばしばですが、それぞれの違いはどこにあるのでしょうか。おおまかな違いは以下の通りです。

OEM・ODM・PBの違い
名前 概要
OEM(Original Equipment Manufacturing) メーカーが他社ブランドの商品を製造すること
ODM(Original Design Manufacturing) メーカーが企画やデザインなどを含めて商品を製造すること
PB(Private Brand) 小売店や卸売業者が企画・販売するブランドのこと

ODM

ODMは、製造だけでなく企画やデザインなどを含めて一気通貫の商品開発を行う製造方法を指します。「メーカーが他社ブランドの商品を製造すること」を指すOEMと比べて、メーカー側が担当する範囲が広いといえます。ODMとOEMを同じような意味として捉えている方も多く、よく使われる言葉としてはOEMが一般的です。そのため、当社ではわかりやすく「入浴剤OEM」という言葉を使っていますが、依頼元の希望通りに叶えるのがODMなので、そういう意味では当社はODMそのものです。

PB

PBは、小売店や卸売業者が企画・販売するブランドを指す言葉です。OEMとPBは、依頼元のブランドとして作るという意味で使われることが多く、ほぼ同義語となっています。PBがよく使用される業態としては、コンビニチェーンやスーパーが良い例でしょう。お店ごとに多彩なPB(プライベートブランド)商品を展開し、他店舗との差別化をはかっています。

MeritOEMを依頼するメリットは?

OEMの基本情報や類似する製造方法との違いを解説できたところで、「OEMを依頼するメリット」を紹介します。OEMは、受注側と依頼側のそれぞれにメリットがある製造方法ですが、依頼側には以下のような利点があります。

  • コストを抑えて自社ブランドを作れる
  • 企画や販売などのコア業務に専念しやすくなる
  • 専門知識がなくても商品販売ができる

コストを抑えて自社ブランドを作れる

コストを抑えて自社ブランドを作れる

OEMにおける一番のメリットが、自社ブランドを製造するのにコストを抑えられる点です。どのような業界であっても、商品製造のために工場や製造設備を用意するのは、莫大な費用がかかります。ですが、OEMなら自社で工場や製造設備を用意せずに商品製造が行えるので、少ない資本でオリジナルブランドを作ることが可能です。

大量発注はもちろんのこと、小ロットでも商品製造できる点もポイントで、在庫リスクを軽減できるのもOEMのメリットといえるでしょう。「色んな商品を少量で幅広く販売したい!」というケースにおいても、OEMは強いミカタとなってくれます。

企画や販売などのコア業務に専念しやすくなる

企画や販売などのコア業務に専念しやすくなる

商品製造をお任せできるので、OEMは商品製造に必要な人員や設備コストを別の業務に集中させられます。商品企画や販売、マーケティングなどのコア業務に注力できれば、効率良く商品販売を行うことが可能です。また、OEM受託企業の中には、当社のように製造をはじめ企画や販売・PRまで一手に依頼できる企業もあります。

OEMはアウトソーシングで依頼をする分、自社に製造のノウハウが蓄積されにくいという特徴があります。ですが、上記のようなメリットを持つOEMは、自社ブランドを作りたい企業にとって優れた製造方法であることに代わりありません。

専門知識がなくても商品販売ができる

専門知識がなくても商品販売ができる

この他、専門知識がなくても商品販売が可能な点も、OEMが持つ利点といえるでしょう。例えば、企業で入浴剤を販売したい場合、薬事や表現表記などに制約があります。専門的な知識が必要になる上、販売展開の仕組みや製造方法なども複雑です。初めてOEMをする場合は特に、ご不明な点が出てくることも少なくありません。商品開発における「足りないノウハウを補うことができる」のも、OEMが持つ大きな利点です。

当社の各分野に特化した専門のスタッフが、お客様のご不明点をしっかりとサポートしますのでご安心ください。ご不明点やアイデアなどがありましたらお気軽にスタッフにお伝えください。

RequestOEMを依頼したい!どんな企業に依頼すればいい?

ここで、「入浴剤や化粧品を作りたい!」という方に向けて、依頼における「OEM受託企業選びのポイント」を解説します。OEMが盛んな業界ほど製造を担う企業は多いため、以下の要素をしっかりと吟味した上で依頼をするのが理想です。

  • 技術力
  • 納期
  • コスト
  • 生産能力/生産体制

技術力

ひと口にOEMの製造企業といっても、企業ごとに「何を製造できるのか」「どんな実績があるのか」は異なります。受託企業を選ぶ際は、OEMメーカーのオフィシャルサイトやカタログなどを参考に、技術力を調べておくのが理想です。当社の入浴剤製造における技術力は、「研究・開発のページ 」にて紹介しています。

納期

技術力と合わせて、OEMは企業ごとに商品の納期が変化します。イベント配布などの都合上、特定の日時に納品を間に合わせたい場合は、しっかりと納期をチェックしておきましょう。当社の入浴剤OEMは、原料の調達から納品まで平均70日で行っております。

コスト

どのような商品を外注(アウトソーシング)する際も、発注前に予算を決めるのが一般的です。OEMだけに限りませんが、製造コストが予算を超えてしまわないように注意しましょう。受託企業を選ぶ際は、見積もりを出してもらった上で発注をしてください。オフィシャルサイトの相談窓口などを通じて、担当者に相談をしておくのも良い方法です。

生産能力/生産体制

これらの要素に加え、OEMは「どのように商品が作られるのか」も把握しておきましょう。依頼から納品までの流れがわかれば、より安心して発注をしやすくなります。特に入浴剤は、健康と関わり合いが強い商品です。安心や安全が求められやすい分、OEMメーカーの生産能力や生産体制もしっかり吟味しましょう。

生産能力や生産体制を確認する方法としては、技術力と同様にOEMメーカーのオフィシャルサイトやカタログなどをぜひチェックしてみてください。当社の生産能力や生産体制を知りたい方は、以下のページをご参照ください。工場の生産体制をはじめ、OEM商品ができるまでの流れをわかりやすく解説しています。

ブランドの想いをカタチに!
日本生化学の自社工場のページはこちら!

FlowOEMはどんな流れで進むの?

最後に「実際に入浴剤のOEMをお願いしたい!」という企業担当者に向けて、当社のOEMにおける強みと流れについて解説をしましょう。

当社は、「お客様のニーズに応えるもの」を作るだけでなく、「実際に使用する消費者にどう感じてもらえるか」を意識して商品開発を行っています。入浴剤のOEMが初めてのお客様も、他社でOEM経験があるお客様も、安心して当社に商品開発をお任せください。

OEMでは、お客様との打ち合わせや企画会議、テストモニタリングを経て試作品の製造を行います。「〇〇を入れて入浴剤を作りたい」「こんなイメージの入浴剤を作りたい」という具体的なご要望がある場合は、ご要望をしっかり叶えつつ、もっとこうすればさらに良くなりますよ、というご提案もさせていただきます。

入浴剤を作りたいと思っているけれど、どんなものにしたらいいか、この施設ならではの売りになりそうなものが思い浮かばない…といった具体的なイメージが固まっていない場合でも、過去の経験を踏まえて様々ご提案可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

入浴剤のデザインやパッケージに関しても当社にお任せください。商品のデザインやパッケージは、手に取る人たちにとって、購入するかどうかの大きな判断基準です。試作開発が完了した後は、パッケージのデザインを行います。デザイン企画スタッフが、パッケージを見ただけで購買意欲がわくようなデザインをご提案いたします。

晴れて試作品が完成した後は、当社が入浴剤の薬事申請を担い、工場生産がスタートする仕組みです。製造した入浴剤の販売やPRに関しても、当社がサポート。さまざまなPR戦略や企画ノウハウをご提案いたします。より詳しいフローについては以下のページをご参照ください。初回製造のスケジュールをはじめ、打ち合わせから販売までのフローをわかりやすく解説します。

~日生劇場~
OEM商品ができるまで

Recommend入浴剤、化粧品、医薬部外品のOEMは当社へお任せ下さい!

当ページでは、OEMの基本情報やメリットなどを詳しく紹介しました。

なお、オリジナルブランドの製造に役立つOEMですが、メーカーによっては「企画担当と生産工場は別の会社」ということもあります。複数社が絡む分、意思疎通が難しくなり、スピーディーな商品開発が行われないケースもしばしばです。反対に、打ち合わせから商品完成までを一気通貫で行ってくれる企業であれば、意思疎通がスムーズになります。OEMの企業選びにおいては、「すべてお任せできる企業かどうか」も重要な判断材料です。

当社は、池袋に本社ラボ、自社工場が千葉にあるため、特に関東のクライアント様からは立地の良さ、それによって商談がスピーディーにすすむことも喜ばれているポイントです。お打ち合わせから生産までをワンストップで開発し、面倒な商品申請をまとめてサポート。また、販促のノウハウを持たないお客さまのために、PR戦略や企画をご提案します。

当社と一緒に、お客様のアイデアの種を大きく育ててみませんか?まずはお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
メールでのお問い合わせ